旭化成 中国藍星と変性PPE樹脂事業製・販合弁

旭化成 中国藍星と変性PPE樹脂事業で製・販合弁

旭化成(東京都千代田区)は、中国化工集団有限公司(CHEMCHINA)傘下の中国藍星(集団)股份有限公司(中国・上海市、以下、藍星)との間で、変性PPE(ポリフェニレンエーテル)樹脂「ザイロン」およびその原料のPPEモノマー、ポリマーを一貫して中国国内で製造・販売する共同事業化に向け、合弁契約を締結した。
合弁で江蘇省南通市に製造、販売両会社を設立する。製造会社への出資比率は藍星50.01%、旭化成49.99%。PPEモノマー・ポリマーの生産(ポリマーベースで年間3万㌧)および変性PPE樹脂を年間2万トン生産する。販売会社への出資比率は旭化成50.07%、藍星49.93%。子会社を上海、深圳、香港に設立する予定。

Source: New feed

1 thought on “旭化成 中国藍星と変性PPE樹脂事業製・販合弁

  1. Thank you for your entire labor on this web site. My mom really loves managing investigations and it is obvious why. My partner and i learn all regarding the lively tactic you produce sensible things through your web site and in addition invigorate response from the others on the situation then our favorite princess is truly starting to learn a whole lot. Take advantage of the rest of the year. You have been doing a stunning job.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。