昭和電工 熱硬化性成形材料事業でアジア4拠点体制

昭和電工 熱硬化性成形材料事業でアジア4拠点体制

昭和電工は9月22日、中国広東省珠海市で、熱硬化性成形材料(以下、BMC)工場の竣工式を執り行った。今回竣工式を行ったの連結子会社は「昭和電工新材料(珠海)有限公司」(以下、SDNZ)は、上海に次ぐ同社グループのBMCの中国第二拠点となる。
SDNZの資本金は7000万人民元(約11億9000万円)で、持株比率は昭和電工70%、長興材料工業股份有限公司30%。同社は華南地域中心に製品を供給していく。
この結果、昭和電工グループのBMC事業は既存の日本、上海、タイの3カ所と合わせアジア4拠点体制が確立する。

Source: New feed

1 thought on “昭和電工 熱硬化性成形材料事業でアジア4拠点体制

  1. I simply wanted to thank you very much once more. I do not know what I would have tried without these tactics shared by you regarding that subject matter. It was actually an absolute intimidating problem in my position, nevertheless taking a look at this specialized tactic you solved the issue took me to weep with happiness. Now i’m thankful for your support and thus sincerely hope you really know what an amazing job you have been putting in training the mediocre ones via your webblog. Most probably you haven’t met any of us.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。