NEC 東南アと米国結ぶ光海底ケーブル建設完了

NEC 東南アと米国結ぶ光海底ケーブル建設完了

NECはこのほど、2015年3月から建設を進めてきた東南アジアと米国本土を結ぶ光海底ケーブル「SEA-US」(シーユーエス)の建設を完了し、米国のRAM Telecom International(RTI)社が主導するグローバル通信事業者6社からなるコンソーシアムに引き渡した。
SEA-USはフィリピン、インドネシア、グァム、ハワイを経由して米国本土(カリフォルニア州)に至る総延約1万5000㌔㍍の光海底ケーブル。毎秒100㌐ビット(100Gbps)の最新の光波長多重伝送方式に対し、最大容量毎秒20テラビット(20Tbps)の伝送が可能。両地域を結ぶ本ケーブルの提供により、東南アジア経済の成長に伴い、今後も増加が予想される東南アジア・米国間の通信需要に対応する。

Source: New feed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。