住友化学 バイオ医薬品ベンチャーに2割出資

住友化学 バイオ医薬品ベンチャーに2割出資

住友化学(本社:東京都中央区)は、医薬品バイオベンチャーのボナック(所在地:福岡県久留米市)に約40億円を投じ出資することで合意し、このほど出資を完了した。ボナックが実施する第三者割当増資を引き受け、従来の約1%から約20%(19.55%)へ出資比率を拡大した。
今回の資本提携の強化を契機に、ボナックが持つ核酸医薬のユニークなプラットフォームと、住友化学グループの医薬品開発、原薬製造、医薬診断および安全性分析等の技術をより強固に融合させ、核酸医薬品の早期実用化に向けた開発を加速させる。
ボナックは次世代医薬品として注目されている核酸医薬品を開発しているバイオベンチャーで、日本および欧米の主要国で特許を取得した独自構造のボナック核酸を用いて、原料開発から創薬探索まで一貫して手掛けている。

Source: New feed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。