住友商事 台湾Gogoro社と連携 シェアリング事業

住友商事 台湾Gogoro社と連携 シェアリング事業

住友商事(東京都中央区)とGogoro Inc.(本社:台湾桃園市)は、日本および海外でGogoro社のバッテリー交換式電動スクーター(以下、「スマートスクーター」)を活用したシェアリングサービス事業を共同展開するため、戦略的パートナシップを締結した。これに伴い、住友商事はGogoro社が実施した約300億円の第三者割当増資の一部を引き受けた。
Gogoro社はスマートスクーターと交換式バッテリー用充電ステーション(以下、「GOStation(R)」)を製造。現在その設置数は台湾全土で400カ所以上に上っている。また、2015年の販売開始以来スマートスクーターの累計販売台数は3万4000台以上で、2016年にドイツ・ベルリン、2017年のフランス・パリへ進出し、それぞれシェアリング事業を展開している。
住友商事は沖縄県石垣市におけるエコアイランド化構想をサポートする一環で、Gogoro社の日本への初の展開として地場企業と協力しながら、石垣島におけるスマートスクーターとGoStationを活用したシェアリングサービスの今年度中の開始を目指す。

Source: New feed

1 thought on “住友商事 台湾Gogoro社と連携 シェアリング事業

  1. I simply wished to thank you very much yet again. I do not know what I would have undertaken without those tips shown by you relating to this theme. Previously it was the terrifying setting in my view, nevertheless understanding your well-written technique you treated the issue took me to weep with joy. Now i’m thankful for your support as well as trust you recognize what a powerful job you’re carrying out educating men and women by way of a web site. I am certain you’ve never come across all of us.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。