バリ島50年ぶり噴火の可能性高まり7.5万人超が避難

バリ島50年ぶり噴火の可能性高まり7.5万人超が避難

インドネシアの人気の高い観光地バリ島のアグン山で、およそ50年ぶりに火山噴火する可能性が高まっていて、避難した住民は7万5000人以上に上っている。地元当局は9月22日に警戒レベルを最も高いレベル4に引き上げ、噴火口から半径9~12㌔㍍の区域を立ち入り禁止とした。
こうした状況を受け、同国のジョコ・ウィドド大統領は万全な体制をとる考えを強調した。山頂付近では、水蒸気とみられる白煙も立ち昇り、1963年に1000人以上の犠牲者を出した噴火以来、およそ50年ぶりとなる噴火の可能性が高まっている。

Source: New feed

4 thoughts on “バリ島50年ぶり噴火の可能性高まり7.5万人超が避難

  1. I simply wanted to thank you so much once more. I do not know what I would’ve taken care of without these basics contributed by you about my area of interest. Completely was a challenging circumstance for me, but being able to view a expert approach you dealt with it forced me to cry for contentment. Extremely grateful for the advice and believe you are aware of a powerful job that you’re accomplishing educating many people all through a site. I’m certain you’ve never come across all of us.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。